消費者金融一覧

クレジットの定義

住宅や自動車などの高額商品をクレジットカードで購入することは通常では考えられません。高額であることと種々の契約条項が必要なことがその理由です。専門的には、クレジットカードで商品やサービスを割賦購入する場合、総合割賦購入あっせんと呼称します。

書面契約による割賦購入は個品割賦購入あっせんといいます。クレジットは割賦を中心に発展してきたことから、割賦機能のない決済デバイスの解釈が十分ではなかったのです。

0

翌月一括払いのマンスリークリア方式のカード決済や、即時払いのデビットカードなどは、信用供与がないことから単なる販売促進のためのマーケティング・ツールとみなされてきました。

但し、マンスリークリアカードはクレジットカード会社が発行していたこともあって、消費者信用統計には掲載されていましたが、デビットカードは金融機関のキャッシュカードが使用されることから、伝統的なクレジット解釈では扱いが困難な部分があったのです。

しかし、利用者の観点ではどの決済デバイスも消費者が使用することを鑑みれば、どこの機関・組織が扱うか、または信用供与があるかどうかは二義的な要素となります。

消費者にとっては、単純に現金で支払うかクレジットカードや他の手段で決済するか、あるいはお金を借りるかどうかが大きな問題なのです。非カード利用のクレジットは伝統的なクレジットの代表と位置づけされていますが、その最もクレジットらしい特徴を有する住宅ローンは、クレジット統計から排除されています。

利用期間の長さから扱いが困難なことは容易に想像できますが、家計からみれば負債の返済として同列に扱ってもよさそうなものです。

ちなみに非カード利用とは、貨幣の融資サービスを利用することであり、その大部分の場合はある一定期間以上の信用供与をともなうため、カードで財・サービスを購入するために利用する販売信用とは経済的意味合いを異にします。

したがって、デビットカードや電子マネー、プリペイドカードは信用供与ではないため、販売促進カードのシュアンスが強いといえます。これに対して、信用供与のあるクレジットカードや非カードのクレジットは純粋な融資サービスといえるでしょう。

当HPの概要